骨盤矯正(整体)

骨盤の歪みが体の様々な不調を引き起こす要因となります! 写真

長年苦しめられている慢性的な肩こりや腰痛の原因が実は骨盤の歪みにあるという事をご存知でしたでしょうか!?

あなたの日常生活を考えてみて下さい。以下のような覚えはありませんか?

  • よく足を組む、横ずわりをする
  • ズボンをはいた時、片足だけ裾の長さが短い
  • 靴底の磨り減り方が左右で違う
  • 下半身がむくみやすい
  • 慢性の肩こり、腰痛がある

これらは骨盤の歪みが原因の場合があります。

骨盤の歪みとは?

写真骨盤の歪みは、偏った体の使い方。例えば、足を組んだり、重心を片方にかけていたり、肘をついて座っていたり、荷物を片側ばかりで持ったり、日常生活で、体の悪い使い方が原因で起きます。

また、現在ではストレスでも骨盤が歪むと言われているので、ストレス社会の今日では、歪みのない人はいないかもしれません。

骨盤の構造は、三角形の形の仙骨と二つの腸骨という骨が組み合わさり仙腸関節を構成します。

この仙腸関節が姿勢を支えてそして整え、上半身と下半身をつなぐ、大きな役割を担っているのです。

つまり、骨盤という土台が歪むことにより、脊中がC字状・S字状に彎曲が起こり、それが肩こりや、背部のこり、腰痛の原因になったり、両足の見かけの長さの違いによって、膝や股関節、足首に負担がかかりやすくなり、痛みの原因になります。

また骨盤内には小腸・大腸や膀胱、女性では、特に、卵巣や子宮などの骨盤内臓器を守っているのです。

女性の骨盤は歪みやすい!?

写真骨盤の開閉運動を一定のリズムで繰り返しています。

これは自分自身で感じるような変化ではありません。

1日の開閉運動は、最大に開くのは就寝時で、食事で摂取したものの消化吸収を行い、朝の起床時に向かって段々と閉じていきます。

この閉じる動きに伴い便意、尿意を催すことによって不要物を排せつします。

この開閉運動がうまくいかなくなると、便のつまりにより下腹部が出たり、骨盤内の機能低下によって、代謝が下がり、無駄な脂肪の増加(いわゆる下半身太り)、下肢のむくみなど女性特有の症状が出現しやすくなります。

女性のケースで、一ヶ月の骨盤の開閉運動をみてみると、排卵から生理までの2週間は、開いていく期間で、生理から排卵までの2週間は閉じていく期間になります。

図

姙娠にむけ、排卵から生理までの2週間は、胎児を抱え込むことができるように、骨盤は大きく開きます。

骨盤が開いているので、下腹部が太くなり、ウエスト周りがいつもよりきつくなります。

写真骨盤が徐々に閉じていく、生理から排卵までの2週間は、下半身が引き締まり、女性らしいめりはりのある体型になります。

開閉運動があるために、男性に比べ女性の方が骨盤の歪みを起こりやすくなっているのです。

トータルケアでは、このような原因で起こる骨盤の歪みに対して、鍼灸や整体で対処していきます。

トータルケアの骨盤矯正

1.ボキボキ・バキバキしないソフトな骨盤矯正

写真急激な矯正ではなく、ソフトな持続圧で矯正し、三角形のブロックという道具を骨盤の下にさしこみ、ご自身の体重を利用し骨盤の捻じれを矯正しますので安全で全く痛みを感じません。

急激な矯正ではなく、ソフトな持続圧で矯正します。

乳幼児からお年寄りまで安心して施術を受けられます。

2.骨格、骨は筋肉に支えられています。

写真骨盤矯正は、骨格、骨だけを良くしても良い状態を保てません。

なぜなら、支えているのは、筋肉だからです。

骨盤はよくテントに例えられます。
色々な方向からロープ(筋肉)でテント(骨盤・骨格)を均等に引っ張りあって立っています。

一部が強く引っ張りすぎたり、緩んでいるとテント(骨盤・骨格)はたちまち倒れてしまいます。

3.筋肉への施術が重要です。

写真

テント(骨盤・骨格)を安定した状態にするには、ロープ(筋肉)を均等に引っ張らないといけません。

トータルケアでは、ロープ(筋肉)を均等に引っ張らせるために筋肉のストレッチを多くやります。

特に、骨盤を支えている筋肉は太もも(大腿部)ですので、あらゆる方向からストレッチをします。

4.筋肉にはくせがついています。

写真筋肉はよく濡れたぞうきんを絞った状態で放置しそのまま硬く乾いた状態に例えられます。

このような状態では、まっすぐに伸ばしても、すぐに捻じれてしまいます。

長く悪い姿勢・習慣を過ごした筋肉はこのようなくせがあり、施術を繰り返し、積み上げていくことで、くせが取れ、良い状態を保つことができます。

正しい骨盤矯正を受けて体のバランスを整えていきましょう!

トータルケア鍼灸整体治療院

〒263-0043 千葉市稲毛区小仲台6-2-7 富士ビル306 JR稲毛駅東口徒歩2分 テング酒場の3階

施術担当者:岡本篤志

◆営業時間

9:00~20:00(月~金曜日)
9:00~15:00(土曜日)

定休日/日曜日・祝祭日

TEL: 043-206-2066
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る

千葉 鍼灸
お気に入りに追加
トータルケアをご利用された方の声
トータルケアが選ばれる理由
各症状と施術例

受付時間(予約制)

9:00~20:00(月~金曜日)
9:00~15:00(土曜日)

定休日

日曜日・祝祭日

住所

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台6-2-7 富士ビル306

電話番号

043-206-2066※施術中は電話出られない場合があります。その際は時間をおいておかけ直し下さい。

代表者

岡本 篤志

スタッフブログ

千葉稲毛エキテンバナー