千葉の鍼灸ならトータルケア鍼灸整体治療院 HOME > 各症状と施術例 > 腰 痛(千葉県 千葉市 稲毛 腰痛を鍼灸と整体で改善します)

各症状と施術例

腰 痛(千葉県 千葉市 稲毛 腰痛を鍼灸と整体で改善します)

JR稲毛駅東口徒歩2分(てんぐ酒場3階)へ移転しました。 youtsuu.jpg 腰痛とは、人間が二足直立歩行をするために、起きた宿命的な結果です。

人間が二本足で歩くには、重い上半身を腰で支え、体の中心では脊椎が柱の役目を担い大きな負担がかかっています。

大部分の腰痛はこれが原因となっております。

他には、消化器、泌尿器・・・などが原因で、腰痛が生じる場合もあります。それは、「内臓の位置」の問題です。 骨格も同じですが、きちんと機能する最適な位置があります。正しい位置にないと、正常にに働かないのが内臓であり骨格です。そして、それが様々な不調や症状の原因になります。 しかし、内臓の位置がずれるのは、身体の構造上しかたないのです。 人は、立って生活しています。 ですから、内臓は、常に下に引っ張られています。重力がかかっています。 そうすると内臓の下垂が起こります。 胃下垂というのはよくいわれますが、胃だけでなく、すべての内臓が下垂気味になります。 まず、下垂しやすい臓器は、腎臓です。 腎臓は、もっとも下垂や位置異常を起こしやすい臓器になります。 上向きに寝れば、腎臓の前にある腸などの臓器に圧迫されて後方に変位します。 腎臓は、排出を司る重要な臓器なので、腎臓の位置異常は、排出能力を低下させ、身体に徐々にダメージを与えます。 腎臓の下垂の原因は、外気温の温度差です。春や秋は、昼間はポカポカと暖かくても、夜は冷え込みます。 あるいは、夏や冬でも、冷暖房機があるので、室内と室外の温度差があると、腎臓が下垂してしまいます。 暖かいところだと、体内の水分は、汗として体外に出ます。冷えると汗をかかないので、水分が体内にこもります。 体内にこもった水分は、尿として体外に排出しなければいけないので、腎臓に集まってきます。 すると、腎臓は重くなります。重くなれば下に下がります。腎臓が下がるとどうなるでしょうか。 腎臓の裏側には大腰筋という筋肉があります。腎臓と大腰筋は、筋膜でつながっています。お互いにとても影響を与え合っています。 大腰筋は、股関節を屈曲させる筋肉です。歩いたり走ったり、身体を曲げたりするときに使う筋肉です。 腎臓が下がると、大腰筋が収縮します。下垂した側の筋肉が収縮するので、片方は正常に働いているのに、逆側は動きが悪くなります。 大腰筋は、骨盤の位置を維持するための筋肉でもあります。これがアンバランスになると、骨盤の歪みにもつながり、脳脊髄液の流れにも影響を及ぼすことにもなります。腰痛や背中の痛みにもつながります。 また、大腰筋は、横隔膜にもつながっています。横隔膜は、呼吸ととても関係の深い膜で、ここが痙攣するとシャックリが出ます。息を吐くときには、横隔膜は緩み、息を吸い込むときには横隔膜が縮みます。 大腰筋が収縮すると、横隔膜は下に引っ張られて、下がってしまいます。そうなると、内臓全体が下がってしまいます。 腎臓下垂→大腰筋の収縮→横隔膜の下垂→内臓全体の下垂 この流れで、内臓の問題は起こってきます。この悪循環を断ち切ることが内臓下垂を予防したり、回復させたりして、内臓を正常に働かせるにつながります。 心臓は、いつも同じ場所にあって、がんばって働いてくれているものと思ってしまいますが、実は、内臓下垂の悪循環によって、下にさがることがあります。 たとえば、ストレスや暴飲暴食が続いたとすると、胃に負担がかかると胃が硬くなったりして、左側の腎臓を圧迫し(胃は左側に膨らんでいるので)、下垂させます。前述のように、左の腎臓が下垂すると、左の大腰筋が収縮し、それに伴って、横隔膜の左側が下がってしまいます。心臓は、身体の左側にありますので、横隔膜が左に傾くと、心臓も下がってしまい、心臓は機能が低下してしまうのです。 心臓が下がると、むくみが強くなり、足が重くなります。股関節も堅くなって、骨盤もゆがみます。 そのために、子宮の位置もずれ、妊娠しにくくなったり、生理痛が酷くなったりします。 原因不明の左肩、左腕、鎖骨の痛みは、この心臓の下垂によることも多いです。 心臓がさがったからといって、心臓だけに問題が起こるのではありません。身体は、すべてが連動してうごいていて、あちこちに影響がおよびます。
また、心因性のものもあり、検査をしても異常がなく、痛みが長く続いている方もいます。

トータルケアでの腰痛施術


鍼は体の巡りを改善して筋肉の緊張を緩めます。
これによって腰の痛みやこりを和らげていくことができます。


お灸は体を温め、老廃物や酸素、栄養などの循環をスムーズにさせます。

そして、体が温まると自分で自分の体を改善する力が高まり、腰痛の原因を改善します。 お灸の熱は体の深部にも浸透するので、関節の痛みにも効果的です。

整体


整体は、骨盤や背骨、手足など体全体の骨格の歪みやズレの矯正と筋肉の調整をします。

整体によって体のバランスを正常にすることで、本来持っている身体機能を取り戻し腰が痛む原因を改善します。

骨盤や背骨が正常になるということは、体の外側も内側も健康になるということです。

自分でできる腰痛対策

ぎっくり腰になったら


youtsuu.jpg 一番楽な姿勢で安静にします。

腰を動かすと痛みが強くなり、温めると熱が広がりさらに痛みが増します。

熱を抑えるために、アイシングをしましょう。

ビニール袋に氷水をつくり、局部にあてます。
冷やし過ぎないようにタオルなどを使って緩和します。

冷たさは局部にあててひやっと感じる位で充分です。

冷やすことで、痛みを感じる神経を鈍くさせ、局部では氷水を離すと体の巡りがよくなります。
強い痛みがなくなるまで、一日2~3回、一回10~15分。

慢性腰痛になったら


youtsuu.jpg 鈍痛が続くと腰や大腿部の筋肉が緊張し、血管が収縮して体の巡りが悪くなります。

体の巡りが悪くなると、疲労物質や乳酸がたまり、こりや痛みの原因をつくり悪循環になっていきます。

疲れと冷えは慢性腰痛を悪化させますので、しっかりとした施術を受けましょう。

注意する腰痛


  • ①どんな楽な姿勢をとっても楽にならない。
  • ②痛みが日に日に強くなる。
  • ③歩けない、足に力が入らない。
  • ④おしっこや便が出にくい、もらしてしまう
  • ⑤夜間動かなくても痛い

トータルケア鍼灸整体治療院

〒263-0043 千葉市稲毛区小仲台6-2-7 富士ビル306 JR稲毛駅東口徒歩2分 テング酒場の3階

施術担当者:岡本篤志

◆営業時間

9:00~20:00(月~金曜日)
9:00~15:00(土曜日)

定休日/日曜日・祝祭日

TEL: 043-206-2066
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る

HOME
お気に入りに追加
トータルケアをご利用された方の声
トータルケアが選ばれる理由
各症状と施術例

受付時間(予約制)

9:00~20:00(月~金曜日)
9:00~15:00(土曜日)

定休日

日曜日・祝祭日

住所

〒263-0043
千葉市稲毛区小仲台6-2-7 富士ビル306

電話番号

043-206-2066※施術中は電話出られない場合があります。その際は時間をおいておかけ直し下さい。

代表者

岡本 篤志

スタッフブログ

千葉稲毛エキテンバナー